工場案内

納豆

 

この釜で納豆の原料である、大豆を水につけ炊き上げます。

この釜で納豆の原料である、大豆を水につけ炊き上げます。

 

佐賀県産国産高級一等大豆に霧島裂罅水をたっぷり吸わせます。

佐賀県産国産高級一等大豆に霧島裂罅水をたっぷり吸わせます。

 

炊き上がった煮豆に納豆菌を振り掛けます。

炊き上がった煮豆に納豆菌を振り掛けます。

ひきわり納豆は、機械ではなく人の手で盛り込んでいます。

ひきわり納豆は、機械ではなく人の手で盛り込んでいます。

 

盛り込まれた納豆は、機械でパックされます。

盛り込まれた納豆は、機械でパックされます。

 

醗酵室で発酵をさせます。

醗酵室で発酵をさせます。
その日の気候、温度で時間を調整します。

二次発酵を防ぐ為、冷蔵室で10℃以下で保存します。

二次発酵を防ぐ為、冷蔵室で10℃以下で保存します。

 

納豆用の包装機で、商品を包装致します。

納豆用の包装機で、商品を包装致します。

 

 

こんにゃく

粉自体は白く、黒い点のようなものは、芋の皮です。

原料となるこんにゃく芋の粉(群馬県産)です。粉自体は白く、黒い点のようなものは、芋の皮です。品質、味に影響はありません。

 

こんにゃく芋の粉と混ぜるひじきの粉です。

こんにゃく芋の粉と混ぜるひじきの粉です。こんにゃくが黒いのは、この粉を混ぜるからです。

 

こんにゃく芋の粉とひじきの粉を混ぜ練り合わせます。

こんにゃく芋の粉とひじきの粉を混ぜ練り合わせます。ねばりをみながら時間を調整していきます。

混ぜ合わせたこんにゃくに、水酸化カルシウム水溶液を混ぜます。

混ぜ合わせたこんにゃくに、水酸化カルシウム水溶液を混ぜます。

 

一つ一つ、機械で包装されます。

一つ一つ、機械で包装されます。
まだ、この地点では本来のこんにゃくの固さではありません。

 

こんにゃく成型機でボイルします。

こんにゃく成型機でボイルします。(90度程度)
これにより、本来のこんにゃくの固さになります。

用途に合わせて様々なこんにゃくを製造しております。

用途に合わせて様々なこんにゃくを製造しております。

 

1個、1個チェックをしながら梱包しております。

1個、1個チェックをしながら梱包しております。

   

ところてん

ところてんの原料となる対馬の天然天草です。

ところてんの原料となる対馬の天然天草です。
製造前にきれいに洗って使用します。

 

ところてんの原料となる対馬の天然天草です。

洗った後に、ごみがないか入念にチェック致します。

 

この釜で、天草を炊き上げます。

この釜で、天草を炊き上げます。
ねばりをみながら時間を調整していきます。

型(耐熱横型流し込み機)に流し込み1日待ちます。

型(耐熱横型流し込み機)に流し込み1日待ちます。

 

1日置くことで、自然に固まります。

1日置くことで、自然に固まります。
天然天草以外一切なにも使わずに製造しております。

 

縦長缶流し込み機

縦長缶流し込み機

固まったところてんは、突き出し機で突き出され、包装されます。

固まったところてんは、突き出し機で突き出され、包装されます。

 

1個、1個チェックをしながら梱包しております。

1個、1個チェックをしながら梱包しております。

   

衛生環境を保つため、また受け入れ態勢が整っていないため、工場見学の受付は行っておりません。

取扱商品

百貨店等の店頭販売や、学校給食などの業務用にもお使いいただけます。

スタッフおすすめ

納豆、ところてん、こんにゃくを使用したスタッフオリジナルの簡単レシピ紹介